福岡の派遣・新卒希望者に送るお役立ち情報サイト!

最新ニュース

ニュース

新卒求人で新たな動き?SNS普及で復活しつつあるリクルーターの存在

2017.08.01


新卒求人と言えば、合同セミナーや就活サイト、大学の就職課で見つけるのが一般的でしたが、近年リクルーターに力を入れる企業も大手を含めて増えています。

リクルーターとはOB・OG訪問のことであり、個人情報保護法の施行により一時は大学側情報を開示しなくなったため衰退していました。

しかし、近年はSNSの普及によりOBやOGとの接点が容易にできるようになったため、OB・OG訪問を利用する就活生が増えています。

新卒求人と違って、実際に働いている大学の先輩・後輩からリアルな情報を入手できるため学生にとって魅力があります。

また、新卒求人解禁前から学生にアプローチできるため、企業側も優秀な人材を確保するためにリクルーターに注力する企業も増えています。

近年はより優秀な人材を獲得するために企業はスピードと多様性が求められていますが、それに加えて積極化も重要視されており、社員が自ら学生にアプローチする行動が多くみられるようになりました。

というのも、近年は企業の採用意欲は高く売り手市場となっており、新卒生の奪い合いとなっています。

したがって、OB・OG訪問を活用して水面下で学生を囲い込んでおきたいのです。

しかし、売り手市場が仇となっている部分も否定できません。

内定がもらいやすいので大手志向がより一層高まっており、中小企業になかなか人材が集まらない事態が起きています。

また、危機感がなく安易に就活を行って内定をもらって入社する新卒生も多いので、入社後のギャップに戸惑う人も多いようです。

したがって、簡単に内定をもらってキャリア築きやすい環境にいるものの、すぐに辞めてしまう新卒生が多い現象が生まれています。

売り手市場の時こそ選択肢は豊富です。

そんな時こそ、自分の将来を真剣に考え、自分が働きたい業界や分野を見つけ出し納得できる企業を見つけ出すことが重要です。

いくら内定をもらってもすぐに離職してしまえば、キャリアに傷がついてしまい次の就活は困難が予想されます。

新卒一括採用の仕組みは賛否両論ありますが、この機会を大いに活かさないわけにはいきません。

入念に準備を行い輝かしいキャリアをスタートさせましょう。

離職率が低い優良企業がたくさん集まるユニクリナビはこちら

著者

ロードサイド365

ロードサイド365

福岡の人材会社元スタッフです。現在は冬眠中です。派遣や新卒採用に携わっていた経験を活かし希望者に役立つ情報を配信できればと当ブログを立ち上げました。

page top