福岡の派遣・新卒希望者に送るお役立ち情報サイト!

最新ニュース

ニュース

新卒求人に異変あり?学歴フィルターが希薄になりつつある?

2018.02.21


新卒求人なら学生はどの企業でも応募可能ですが、書類選考を通過するためには一定の大学を卒業する必要がありました。

いわゆる学歴フィルターと呼ばれるものです。大手企業や人気企業ほどこの傾向は顕著であり、ネット応募の企業説明会に早慶の学生が参加できても、MARCH(明治・青学・立教・中央・法政)の学生が応募すると満席と表示されるケースなどよく見受けられていました。

しかし、新卒売り手市場でなかなか人材を確保できない企業では、学歴のハードルを下げる必要性が生じています。

ただし、売り手市場を理由に学歴フィルターを下げているだけではないようです。

特に大手企業で見られる動きとしては、幅広い大学から優秀な人材を確保したいという狙いがあります。

トップレベルの大学ほど優秀な人材に出会える確率はもちろん高くなりますが、それ以外の大学にもいる隠れた優秀な人材を確保したいと思っているようで、今まで以上に大学名で人材のふるい落としが薄れつつあります。

書類選考だけでは分からないコミュニケーション能力や適応力など、書類選考では見落とされがちだった優秀な人材が大学名に関係なく今では企業同士で取り合いになっています

新卒求人で今までは大学名で無理だと思っていた人も、今後は自分を上手くアピールすることで下位校からでも大手企業への就職が夢ではなくなります。

大学受験に失敗したからと言って悲観的になることはありません。

大学に入学後は、企業のインターンやビジネスコンテストに参加したり、海外留学を目指すことで自信と社会的スキルを習得していけば、面接でも臆することなく早慶や旧帝大の学生と戦うことができています。

学歴イコール優秀には結びつかないという現実を、国際競争が激しいなか、生き残りを図る企業も気づき始めています。

学歴は勉強すれば得られますが、コミュニケーション能力や実行力などは勉強してもなかなか身に着けられるものではありません。

したがって、新卒求人でいい企業へ就職したいのであれば、大学時代にこの2つを習得するために努力したほうが就活で大逆転を狙える可能性は十分に高まります。

ただし、難関大学へ入学できるということは判断力・理解力・記憶力など長けている証拠であるため、仕事をするうえでアドバンテージを持っていることは否めません。

中堅大学などに在籍している学生は、それを払拭できるだけの能力やスキルを身につけられるかが重要となります。

効率良く就活するならユニクリナビはこちら

著者

ロードサイド365

ロードサイド365

福岡の人材会社元スタッフです。現在は冬眠中です。派遣や新卒採用に携わっていた経験を活かし希望者に役立つ情報を配信できればと当ブログを立ち上げました。

page top