福岡の派遣・新卒希望者に送るお役立ち情報サイト!

最新ニュース

ニュース

大卒内定率9割のカラクリ

2018.03.13


アベノミクスによる景気回復を受けて企業の業績は右肩上がりで伸びており、新卒市場にも好影響を与えています。

新卒求人は今まさに売り手市場であり、リーマンショック時の氷河期を経験した人からみれば羨ましい時代と言えるでしょう。

日経新聞でも2017年の大卒衆力率97.6%と報道されていたように高い就職率が注目を浴びています。これから新卒求人に応募する卒業予定の学生も安心しているのではないのでしょうか。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。有名企業や人気企業の就職倍率は依然として高く、内定を得るのは非常に困難なのが実状です。

しかも就職率9割以上に惑わされてはいけません。この数値は就職者数÷就職希望者数で算定された数値であり、全ての学生が分母になっている訳ではないのです。

卒業生の約3割は就職せずに進路不明とされており、実質的な大卒就職率は65%程度と言われています。

97.6%と65%では大きく差があるのが理解できると思います。65%だと学生の3分の1が内定を貰えないことになるからです。

就職希望者とは新卒求人に応募して就活を続けている人が該当するわけで、就活を止めた人は含まれません。

また、就職者数には契約社員など期限付き正社員も含まれていることに注意しなければなりません。

これらを踏まえると決して就活が楽だというわけではないことが分かると思います。新卒求人に応募したら、どこかの企業からは内定を貰えるだろうという楽観的な思考は厳しいです。

では、実際の就職率が低い現状でどう新卒求人に臨めば良いかと言うと、やはり事前にしっかりと準備・対策を行うことです。

福岡でも定期的に開催されている合同企業説明会やインターンシップなど積極的に参加して企業を見極めると同時に企業側がどんな人材を求めているかを読み取りましょう。

就職活動は最初上手くいかないことも多いですが、面接を何回も受けたりしていくうちにコツを掴んでいけます。

したがって、楽観視せずに全力で取り組むことが重要となります。

もし上手くいかなく専門的なサポート受けたい場合は、新卒採用を得意とするユニバースクリエイトのユニクリナビへの登録をおすすめします。

ユニクリナビには、新卒求人のチェックだけでなく、就職支援も行っているので二人三脚で採用を実現可能です。

ユニクリナビはこちら

著者

ロードサイド365

ロードサイド365

福岡の人材会社元スタッフです。現在は冬眠中です。派遣や新卒採用に携わっていた経験を活かし希望者に役立つ情報を配信できればと当ブログを立ち上げました。

page top