福岡の派遣・新卒希望者に送るお役立ち情報サイト!

最新ニュース

ニュース

福岡でもよく見る第二新卒って何!?第二新卒求人で次のステップへ!

2017.06.15


少し前から第二新卒っていう言葉が出てきました。

第二新卒は、法的な定義はなく、一般的に新卒入社後3年未満の人を対象としています。企業によっても第二新卒の扱いは様々です。

しかし、新卒で入社したのにもう求職活動をする会社はあるのかと疑問に思うかもしれませんが、第二新卒求人は意外とあります。

ここ福岡も例外ではありません。理由は企業の事情によっても様々であると思いますが、多くは優秀な人材の確保でしょう。

近年は景気回復に伴い新卒生は売り手市場となっており、新卒求人での人材確保が困難な企業もたくさんあります。

新卒求人で予定人数を採用できなかった企業は、第二新卒を設けて人材発掘に努めています。実際マイナビによると、企業の約8割は第二新卒を歓迎しているようです。

第二新卒には、新人研修によってある程度の社会人マナーは身についているので育成が楽と企業が考えています。

また、経験が少ない分、社風に馴染みやすかったり、柔軟に対応できる適応力があったりするとみています。

企業は第二新卒に求める条件として入社意欲があるか、当社に合うかといったポイントを重視しています。

新卒入社を短期間で退職した人たちのため、当社に入社してもすぐに辞めないかを見極めています。

いっぽう、スキルや経験などは考慮に入れていないのが特徴であり、逆を言えば入社の意志さえあれば内定がもらえるチャンスがあるというハードルの低さが魅力です。

ただし、福岡だけでなく全国的に言えることですが、人気企業は新卒採用で十分に人材を確保できています。

つまり、第二新卒求人がいくら多いからと言って、新卒採用ほど案件が選びたい放題ではないということです。

また一度辞めてしまうと癖になって一つの会社で長く働くことが出来なくなる人も沢山います。

そうすれば、キャリア形成の選択肢がどんどん狭くなっていき、最終的にはどこからも内定がもらえなくなってしまいます。

第二新卒求人を目指す人は、なぜ最初の企業がダメだったのかを見つめ直し、同じことを繰り返さないためにはどうすれば良いかをしっかりと整理しておく必要があります。

福岡の新卒採用ならユニクリナビがおすすめ

著者

ロードサイド365

ロードサイド365

福岡の人材会社元スタッフです。現在は冬眠中です。派遣や新卒採用に携わっていた経験を活かし希望者に役立つ情報を配信できればと当ブログを立ち上げました。

page top