ウォーターサーバーで健康な生活の日々をゲット!自宅作業が多い小説家がおすすめする商品選びとは!?

( 更新日:2017/10/18)

★第二ならぬ第三新卒っていう言葉あるの知っていますか?★

2017.10.17

第三新卒

大学卒業して新卒入社後3年未満の人を第二新卒という言葉を用いて、人材会社が就職斡旋を行っているのを知っているかと思います。実は、第三新卒という言葉もあるのをご存意でしょうか。第三新卒とは、大学院博士後期課程修了者、あるいは在籍者などの25歳以上の就労経験がない人・3年未満の人のことを指します。近年は、博士課程を修了しても就職できないとう社会問題が生じており、これは新卒求人の採用枠が大学院修了までとみなされていたことも要因となっています。通常、博士課程修了者は専門職として採用されるケースが多かったものの雇用状況が改善されないため、新卒人材として企業に評価してもらい求人の幅を広げる意味で第三新卒という言葉が使われ始めました。博士課程で知識は豊富であっても、実務経験がないため企業としては高度な業務を依頼することに難色を示します。また、新卒という枠を設けることで、新入社員として低い人件費で雇えることで企業の採用意欲を駆り立てるために使われている傾向もあるようです。日本は新卒主義であり、就業経験がいないままの中途採用は非常に困難です。また、新卒で大量に人材を確保して企業で育てていく文化が浸透しているため、博士課程修了者も新卒で応募できれば、豊富な選択肢の中から理想の職場を見つけ出すことが可能です。近年の新卒求人案内を見ていると大学院卒者を対象にしている募集を沢山見つけることが可能です。大学院卒として給与額を別途設けている企業も多いですが、大卒と一律としている企業もあります。ただし、学士卒に比べて高度な知識やスキルを有している院卒生ならスタート地点は同じでもそこから追い上げることは十分可能です。なので、報酬面よりも働く環境や業務内容を優先することをおすすめします。第二新卒よりもまだまだ浸透していない言葉ですが、博士課程の就職問題を解決するきっかけになることが望まれます。

★新卒求人の初任給っていくらが相場!?やはり福岡より東京が高い!?★

2017.10.10

新卒初任給はいくら

新卒求人を探している大学生にとって気になるのはやはり給与や年収の金額ではないでしょうか。せっかく支給されるならやはり高いに越したことはありません。まず、新卒求人に掲載されている初任給には、様々な手当てが含まれています。一般的に大手企業になると住宅手当や通勤手当は当たり前のように付いてきます。東京の会社なら物価が高いので首都圏手当を付けてくれる会社もあります。東京の方が、給与が高くなるのはこのためです。2016年の新卒の初任給は、厚生労働省調べで20万3,400万円となっています(大卒)。満額受け取ることはできず、ここから所得税と雇用保険料が控除されて、手取りは19万7,950円となります。ただし、これ以降は社会保険料が発生してくるため手取りはもっと少なくなってしまい、17万円ほどの手取り額しかなくなってしまうので覚悟しておきましょう。高いか低いかは別として、この金額は過去10年間で最も高い金額となっています。最近は、売り手市場にあり、新卒求人が多く募集されているなか、各企業では少しでも優秀な人材を確保するために高い給与を提示しているところも少なくありません。ちなみに東京と福岡の初任給を比べてみると、東京は初任給21.13万円でトップないっぽう、福岡の初任給は19.48万円と都道府県22位でした。ただし、福岡は東京に比べて住居費や食費など安いため、東京よりも良い生活が送れるかもしれません。ただし、新卒求人で初任給はあくまで参考程度にしておき、実際に会社を選ぶ際は仕事内容など自分が思い描くキャリア形成ができるかを重視しておきましょう。そうしないと、いくら給与が高くても仕事が続かなければ意味がないからです。前回に紹介した通り、3年で3割の人は辞めてしまいます。報酬ばかりに気を取られずに総合的に判断してエントリーしていきましょう。

★3年に3割辞める新卒学生の現状を考える!新卒求人選びは慎重に!★

2017.10.02

3年に3割辞める新卒学生

近年は売り手市場により新卒学生は例年に比べて希望する業界へ就職しやすい特徴や傾向があります。しかし、2013年に実施した厚生労働省の調査によると、新卒3年以内の離職率は全体の3割にも及びます。1年以内に会社を辞めた人も12.8%という数字になっており、1割の新卒生がせっかく就活を頑張ってもすぐに辞めてしまっている結果になっています。ただし、これはバブル期も不況下も同じ統計データを確認することができ、いつの時代も3年で3割辞める数字となっています。したがって、特に近年が突出して多いわけではないのですが、売り手市場にもかかわらず就職氷河期と同じくらいの離職率が出てしまうのでしょうか。労働政策研究・研修機構の調査によると、仕事を辞めた理由で最も多かったのは「労働時間・休日・休暇の条件」です。最初は休日返上でも問題なく働けてたのも、時間が経てば不満が貯まってくるのでしょう。女性の場合は、結婚などのイベントが起きる年ごろでもあるため、プライベートや家庭との限界を感じて辞める人も少なくなさそうです。ちなみに1年以内に辞める人の最も多い理由は「仕事内容」です。自分がイメージしていた業務とは違い、出社する意欲がなくなっていくのでしょう。業種によっても離職率に差が出ており、一番多いのはサービス業です。飲食や医療福祉、教育など長時間残業や低賃金労働でよく取り上げられる企業が多いだけに労働環境が整備されていない企業も多いことが分かります。逆に離職率が少ない業種はインフラ系です。ガスや電力、水道など企業間の競争が激しくなく、安定した市場があるインフラ系は、報酬も充実しており人材が定着しやすい傾向にあります。また、企業も大企業や上場企業が多いため、組織が成熟されており従業員の働き方まで目が向けられているのが特徴です。どこで働きたいのか分からない人は、とりあえずインフラ系の新卒求人をチェックしておくと良いかもしれません。あと、やはり企業説明会だけでは実際の業務内容まで確認することは無理であり、インターンや職場見学などより深入りしてチェックする直接する必要があることが分かります。新卒求人は入社後のイメージができるほど詳しい情報は提供されていません。あくまで自分で情報収集に努めて入社後のギャップを減らしていくよう努力するしかありません。ネームバリューや会社の規模だけで新卒求人に応募するのは絶対に辞めましょう。入社後すぐに辞めてしまえば経歴にキズが付いてしまい、その後のキャリア形成はより難しくなってしまいます。

★新卒求人に影響が出る?インターンシップの必要性とは★

2017.08.18

インターンシップ

インターンとは、会社の就業体験を通じて組織や業務内容を知ってもらう教育の一環として始まりました。経団連ではインターンと選考は別であるという指針を出しているのは、インターンによって学業が疎かになることを防ぐためです。ただし、企業の中にはインターンで優秀だと思った学生にはコンタクトを取って採用を勧誘するケースもあるようです。企業側はインターンを開催することで早期に学生と接点を持つことができ、学生側も自分が業界に向いているか向いていないかを確認することができるなど双方にメリットがあります。インターンに参加したほうが良いかと聞かれれば、イエスと答えるのが現状でしょう。というのも最近は「1日インターン」が増えており、1日だけなら遠方からでも参加できると多くの学生が参加する賑わいをみせています。経団連では5日以上のプログラムで構成されているのをインターンと定義していますが、企業側も優秀な人材を発掘に必死であり1日インターンを開催してより多くの学生に接触しています。確かに1日インターンだと時間が短すぎて深く理解することができませんが、企業説明会よりは理解が深まると学生からの評判は上々です。そのうえ企業はインターンという名目で実質採用活動の前倒しを図っており、人材確保に努めていいます。現在ではなんと8000社を超える企業が1日インターンを実施しているようです。新卒求人の応募状況や選考にも影響が出ないとは決して言えないインターンは、積極的に学生は活用していきましょう。福岡に在住の学生でも1日インターンであれば首都圏の企業に日帰りで参加することも不可能ではありません。現在は、3月広報スタートで6月選考スタートの超短期決戦である就活を成功するためにぜひインターンから企業を見極めていきましょう。

★福岡の新卒求人で内定を辞退する際の対処法を伝授!★

2017.08.13

内定辞退

福岡は魅力的な企業が集まる地域であるうえ、就活生は沢山の新卒求人に応募してより良い職場を探そうとするため問題になってくるのが複数社から内定をもらった時です。当然ですが、1社しか選ぶことはできません。そこで内定を辞退する必要が生じてきます。企業は最低限の人しか内定を出さないので内定を断ると迷惑をかけてしまいます。特に、中小企業は内定を出しても大手へ人材が移っていくため、当初の予定通り人材が確保できずに第二新卒など対象を広げて新卒求人を行っているケースもあります。したがって、内定を辞退するさいは誠意のある対応が必要になってきます。まず、内定を辞退する際は企業の採用担当者に直接電話をかけて、その後直接訪問してお詫びを申し上げるのがマナーとなっています。その際は、正直に他社から内定をもらった旨を伝えるようにしましょう。ただし、社名は伏せておきます。そして、訪問後はわび状を送るまでは一貫したマナーのある行動となります。内定辞退を行う時期ですが、報告が早ければ早いほどその後の求人活動の再開もスムーズに行えるので、できる限り早く申し出るよう心がけましょう。よく、本命企業の使用試験の結果が出るまで内定を保留する人がいますが、あまりに長引かせると企業に迷惑をかけてしまいます。労働契約の観点から入社日の2週間前までに通知すれば辞退が可能とされていますが、なるべく早い段階で入社の意志がない場合は内定辞退を伝えましょう。内定辞退に罪悪感に思う人もいますが、自分の今後の人生を左右するほど新卒求人は重要です。自分の理想のキャリアプランを実現させるためにも、誠意を見せるいっぽうで毅然とした態度で伝えましょう。採用側も内定辞退が出ることは毎年予想して活動はしていますので、内定をもらったからと言って絶対に入社する必要はありません。

★新卒求人で企業が重視するポイントは学生のアピールとズレがあった!?★

2017.08.08

アピールポイント

新卒求人は売り手市場と言っても大手企業や有名企業には多くの就活生が集まるため、競争率は依然として高い傾向にあります。少しでも内定をもらうためには企業の求める部分をアピールする必要がありますが、ここで企業と就活生とでギャップがあるようです。リクルートは採用担当者と就活生へアンケートを取って「就職白書」を発行していますが、それを見てみると企業側と就活生とでは重視するポイントにズレがありました。いつの時代も企業は「人柄」「熱意」「可能性」の3つを採用試験では見ています。しかし、学生側がアピールするのは「人柄」「アルバイト」「クラブ・サークル活動」の3つです。これは、面接時に学生時代に頑張ったことを質問されることが有名となり、学生時代から就活の際にアピールできるよう色々準備した結果となります。しかし、企業としては学生時代に頑張った内容よりも、その回答から人柄や話し方・考え方を見極めているのです。したがって、ボランティアやクラブの部長などそういった経験はそこまで気にしていないのが本音です。また、なぜ「熱意」を重視するかというと、企業側も採用活動には人とお金を多く費やします。なのに内定辞退者が続出してしまい欠員となってしまえば、企業経営にも悪影響が出てくるからです。そのため、本当に入社の意志があるかを企業は重要視しているのです。したがって、企業の主催する説明会やインターンなどは出席してアピールすることは重要です。出席率が高いほど、企業は興味があって参加してくれていると思い入社してくれるのを期待するからです。最後に、企業の将来を担う人材を新卒求人では求めています。大卒であれば総合職という会社の中枢を担う職種です。したがって、会社に貢献できる人材であるかの「可能性」はやはり重視されています。もちろん新卒生なのでビジネスマナーなどはまだありません。ただし、挨拶や受け答えなど基本的な振る舞いができるかは見られています。そして、鍛えれば伸びるかどうかを判断されるでしょう。以上のように企業の重視するポイントは、新卒生がアピールするポイントとズレが生じています。まずは、企業が何を求めているかを正しく理解してから準備するのは効率的・効果的でしょう。まだ内定がもらえていない人は参考にしてみて下さい。

★新卒求人で新たな動き?SNS普及で復活しつつあるリクルーターの存在★

2017.08.01

リクルーターの復活

新卒求人と言えば、合同セミナーや就活サイト、大学の就職課で見つけるのが一般的でしたが、近年リクルーターに力を入れる企業も大手を含めて増えています。リクルーターとはOB・OG訪問のことであり、個人情報保護法の施行により一時は大学側情報を開示しなくなったため衰退していました。しかし、近年はSNSの普及によりOBやOGとの接点が容易にできるようになったため、OB・OG訪問を利用する就活生が増えています。新卒求人と違って、実際に働いている大学の先輩・後輩からリアルな情報を入手できるため学生にとって魅力があります。また、新卒求人解禁前から学生にアプローチできるため、企業側も優秀な人材を確保するためにリクルーターに注力する企業も増えています。近年はより優秀な人材を獲得するために企業はスピードと多様性が求められていますが、それに加えて積極化も重要視されており、社員が自ら学生にアプローチする行動が多くみられるようになりました。というのも、近年は企業の採用意欲は高く売り手市場となっており、新卒生の奪い合いとなっています。したがって、OB・OG訪問を活用して水面下で学生を囲い込んでおきたいのです。しかし、売り手市場が仇となっている部分も否定できません。内定がもらいやすいので大手志向がより一層高まっており、中小企業になかなか人材が集まらない事態が起きています。また、危機感がなく安易に就活を行って内定をもらって入社する新卒生も多いので、入社後のギャップに戸惑う人も多いようです。したがって、簡単に内定をもらってキャリア築きやすい環境にいるものの、すぐに辞めてしまう新卒生が多い現象が生まれています。売り手市場の時こそ選択肢は豊富です。そんな時こそ、自分の将来を真剣に考え、自分が働きたい業界や分野を見つけ出し納得できる企業を見つけ出すことが重要です。いくら内定をもらってもすぐに離職してしまえば、キャリアに傷がついてしまい次の就活は困難が予想されます。新卒一括採用の仕組みは賛否両論ありますが、この機会を大いに活かさないわけにはいきません。入念に準備を行い輝かしいキャリアをスタートさせましょう。

★福岡の新卒求人でみられる派遣という選択肢は?★

2017.07.19

新卒で派遣

新卒求人といっても昔は正社員一択でしたが、最近は派遣という雇用形態も徐々に増えつつあります。というのもここ福岡も例外ではなく、新卒求人で入社した社員がすぐに離職してしまうケースが増えているのです。厚生労働省が2015年に調査した結果によるとなんと3年以内に3割の新卒社員が辞めているそうです。多くの原因はやはりミスマッチがあげられるでしょう。そのため企業としても長く働いてもらえるよう様々な工夫を凝らしており、その中の選択肢の1つとして新卒派遣があります。では、新卒で派遣というとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでは主なポイントを紹介していきたいと思います。まず、メリットとしてはワンクッションおいて直接雇用の選択肢が提供されていることでしょう。先ほど述べた通りミスマッチが原因で多くの新卒社員は辞めていきます。確かに企業説明会や職場見学に参加しただけでは本当に企業を奥深く理解することは不可能です。派遣というカタチで、一定期間職場で働けば、雇用環境や業務内容を深く理解することができます。合わないと思えば更新の打診を辞退すれば良いだけであり、自分が求める仕事を追求することができるのが新卒派遣の醍醐味です。また、インターンと異なり待遇も高いうえに任される業務もより責任のある内容となっています。さらに、派遣会社に登録して勤務することになるので、派遣会社の担当スタッフがサポートしてくれます。日々の業務や人間関係について職場外の第三者に相談できるのは非常に心強いです。他にも、正社員は辞めると履歴書に傷が残りますが、派遣社員の場合はその心配もありません。ただし、メリットばかりではありません。新卒求人で正社員として直接入社しない代わりに、正社員になれる保証は100%ではありません。自分が企業を評価できるように、企業側も日々の勤務態度を評価して直接雇用の可否を決めることができるからです。また、待遇についても正社員の方が良かったりします。あくまで派遣社員は人材派遣が雇用主となり給与や福利厚生を支給するので、職場からもらえないことを理解しておきましょう。つまり、賞与なども支給されないということです。あと、やはり世間的なイメージとしては新卒派遣で働くと就活に失敗したと思われてしまいがちです。しかし、新卒社員としてすぐに辞めてしまっても世間のイメージは悪いのでどっちもどっちでしょう。希望の職業が見つからない、志望する企業や業界から内定をもらえなかった場合は、派遣という別の切り口から挑戦してみてはいかがでしょうか。

★新卒採用と中途採用の違い。新卒求人はやはり魅力的!?★

2017.07.19

新卒採用と中途採用の違い

福岡で就活をしている学生もそろそろ内定が出始めて進路を固めつつあるのではないでしょうか。今年は例年通り売り手市場であったため、新卒求人は福岡でもたくさん見かけることができました。さてここでは来年の就活を控える学生に新卒採用と中途採用の違いを紹介したいと思います。まず、新卒採用は1年に1度行われる定期採用です。会社に将来貢献してもらえる人材を採用するのが狙いで、経験や実績など問いません。入社してからすぐに研修に入り、ビジネスマナーのイロハから学んでいきます。したがって、採用基準は会社の社風に合っているか、人柄や潜在能力に重きを置いています。面接試験が何度も繰り返すのはそのためです。いっぽう、中途採用は不定期採用です。欠員が出たり、事業拡大などにより人員不足が生じたりしたときに採用活動が行われます。新卒求人では何十名、何百名と採用し、会社を支える人材として育て上げていく姿勢がありましたが、中途採用は必要な人数分だけしか採用されません。企業が求める人材に出会えなければ採用0名のケースだってありえます。また、新卒採用は経験などないので人物重視で選考が行われてきましたが、中途採用は実績やスキルが重視されます。つまり、会社に即戦力として活躍してくれるかを見極められます。このように新卒採用と中途採用では採用目的および選考基準が明確に異なります。また、新卒採用の場合はポテンシャルで判断してくれるうえ、採用枠も多いので大手企業でも入社のチャンスは高いです。いっぽう、中途採用は実績がなければ採用は難しいです。特に大手企業となれば優秀な人材が集まってくるため、アピールできるポイントが強くないと不利になりがちです。したがって、日本では新卒採用で内定をもらうほうが中途採用よりは容易となっています。人生の1大イベントとして捉え、しっかりと対策を行い志望企業の採用試験に臨みましょう。

★福岡の新卒求人サイトが無料で就活サポートしてくれる理由★

2017.06.22

新卒就活サポート

福岡に通う新卒大学生は新卒求人サイトに登録したり、大学のキャリアセンターに通ったりして希望の新卒求人を見つけるのが一般的です。今はネットが普及して沢山の情報が手に入る時代になり、エントリーシートの書き方や面接対策など様々な情報が入手できるようになりました。おかげで一昔前に比べると対策もしやすくなったかと思います。福岡の学生は地元愛が強いので、東京や大阪へ行かず県内の企業へ就職したい人も多いのが特徴です。いっぽう、企業側も福岡は若い世代の人口が多く、高等教育機関も充実しているので、福岡での新卒採用には力を入れています。最近の就活現場を見てみると情報が手に入りやすい時代にもかからず、就活サポートを受ける人が多くなっています。就活サポートは新卒求人サイトが提供するサービスで、新卒求人探しから書類作成、面接対策、条件交渉の内定に至るまでの全てを無料でサポートしてくれます。自分で対策するよりも効果的で理想の職場から内定が貰える確率が上がると人気です。しかも費用が一切かからないのが魅力です。なかには無料だから怪しさを感じている就活生もいるかもしれません。でもこれはちゃんとした運営システムが確立されているから提供できているのです。新卒就活サポートでは、報酬を就活生ではなく企業から受け取っています。仕組みとしては、企業が欲しい人材を紹介して内定を出した場合、企業は人材会社に内定を出した就活生の年収の一部を成功報酬として払います。これにより、企業は求める人材を集めることができると同時に、新卒求人活動にかかる人件費や時間などを節約できるメリットがあります。新卒求人サポートは、就活生だけでなく採用する企業側にもメリットが大きいということです。そのため、福岡にある多くの企業が今では提携しており、就活生が多くの新卒求人の中から最適な企業を紹介してもらうことが可能です。しかも、紹介だけでなくその企業にあった書類の作成方法や面接対策までしっかりとサポートしてもらえます。少しでも理想の会社で働けるようぜひ就活生のみなさんは利用してみることをおすすめします。

★福岡でもよく見る第二新卒って何!?第二新卒求人で次のステップへ!★

2017.06.15

第二新卒

少し前から第二新卒っていう言葉が出てきました。第二新卒は、法的な定義はなく、一般的に新卒入社後3年未満の人を対象としています。企業によっても第二新卒の扱いは様々です。しかし、新卒で入社したのにもう求職活動をする会社はあるのかと疑問に思うかもしれませんが、第二新卒求人は意外とあります。ここ福岡も例外ではありません。理由は企業の事情によっても様々であると思いますが、多くは優秀な人材の確保でしょう。近年は景気回復に伴い新卒生は売り手市場となっており、新卒求人での人材確保が困難な企業もたくさんあります。新卒求人で予定人数を採用できなかった企業は、第二新卒を設けて人材発掘に努めています。実際マイナビによると、企業の約8割は第二新卒を歓迎しているようです。第二新卒には、新人研修によってある程度の社会人マナーは身についているので育成が楽と企業が考えています。また、経験が少ない分、社風に馴染みやすかったり、柔軟に対応できる適応力があったりするとみています。企業は第二新卒に求める条件として入社意欲があるか、当社に合うかといったポイントを重視しています。新卒入社を短期間で退職した人たちのため、当社に入社してもすぐに辞めないかを見極めています。いっぽう、スキルや経験などは考慮に入れていないのが特徴であり、逆を言えば入社の意志さえあれば内定がもらえるチャンスがあるというハードルの低さが魅力です。ただし、福岡だけでなく全国的に言えることですが、人気企業は新卒採用で十分に人材を確保できています。つまり、第二新卒求人がいくら多いからと言って、新卒採用ほど案件が選びたい放題ではないということです。また一度辞めてしまうと癖になって一つの会社で長く働くことが出来なくなる人も沢山います。そうすれば、キャリア形成の選択肢がどんどん狭くなっていき、最終的にはどこからも内定がもらえなくなってしまいます。第二新卒求人を目指す人は、なぜ最初の企業がダメだったのかを見つめ直し、同じことを繰り返さないためにはどうすれば良いかをしっかりと整理しておく必要があります。

★福岡は魅力の宝庫!新卒求人で働く価値のあるオススメエリア!★

2017.05.30

新卒求人

福岡は、UターンやIターンで転職する人が多いほど、九州を代表する一大都市です。そんな福岡は、新卒求人を探す大学生にもおすすめであり、地元生のみならず県外生もぜひ候補に入れておきたい地域であることを覚えておきましょう。なぜ、福岡がそんなにおすすめかと言うと、「クリエイティブ都市」として発展し、多くの魅力ある企業が集まっているからです。LINEが拠点を福岡に設けて話題になりましたが、IT企業だけでなく、オリンピック招致動画を手掛けた空気㈱、ゲーム会社など様々な業界から注目を浴びている若手有望企業がたくさんあるからです。国家戦略特区に選ばれてからは、若手起業支援に補助金を出すなどスタートアップ企業へのサポ―トが充実していることから、今後も多くの企業が進出されることが予想されています。成長著しい業界で多くに企業が集まるということは、人材の募集も活発となるということです。経験者だけでなく、新卒求人として募集する企業も今後は増えてくることが予想されています。また、国内有数の都市を誇る福岡では、自然も豊かであり、都市と地方の両方の性格を有していることも多くの人から支持されています。ビジネスとして成り立つ経済規模を誇りながら、豊かな自然と新鮮な食事を享受できる福岡は、オンとオフの切り替えも容易で人生を大いに満喫することが可能です。仕事漬けで人生に疲れてしまうことを防ぎ、キャリアとプライベートの2つを追求できるのも福岡の魅力です。そういった理由で家庭が出来てから福岡に移る人も多いですが、おすすめは新卒求人からキャリアを磨き、コミュニティを形成していくほうがスムーズにライフステージをステップアップできます。魅力あふれる福岡市は、政令指定都市最大の人口増加数を誇っており、少子化の中今後の発展が期待される将来性豊かな地域です。未来が期待できるここ福岡でキャリアを始めてみませんか。

★九州の中心地・福岡で新卒求人を検索!労働条件の整った企業に入社しよう!★

2016.08.26

ユニクリナビ

学生にとって新卒求人を探すことは就活のスタートとして非常に重要であり、さまざまな求人情報サイトを利用することでしょう。大手の求人情報サイトは、大企業や注目企業を中心に幅広く求人案件を扱っているものの、その多くが東京や大阪を中心としているため、地方で新卒求人をお探しの方には向いていないことも多々あります。これに対して、ユニバースクリエイトが提供している「ユニクリナビ」は、福岡の新卒求人情報を中心に数多く取り扱っています。地元志向が高く郷土愛の強い人材が多いと言われている九州の中でも、経済の中心地であり文化の発信地でもある福岡は、大企業の支社・支店から地場企業やベンチャー企業など数多くが所在しています。ユニクリナビは、九州の就活生1万人が利用している求人情報サイトとして、福岡の新卒求人案件を探すのに最適であると言えます。地域密着型で福利厚生も整っている福岡の企業情報を数多く公開しており、働きがいのある企業の新卒求人案件を探すことも出来ます。ユニクリナビ限定の非公開求人もあり、人気サービスであるJOBマッチはアドバイザーが無料であなたに合った最適な仕事を紹介してくれます。新卒求人はスピード決着すると言われていますが、ユニクリナビでは各社の合同説明会情報や豊富な就職支援サービスで内定を勝ち取る最高のパートナーとなります。福岡でワークライフバランスを実現し、楽しい社会人生活をスタートするためにも、ユニクリナビを活用してみませんか。

福岡 新卒求人はコチラ

ウォーターサーバーで健康な生活の日々をゲット!自宅作業が多い小説家がおすすめする商品選びとは!?

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) ウォーターサーバーで健康な生活の日々をゲット!自宅作業が多い小説家がおすすめする商品選びとは!? All Rights Reserved.